転職活動中のストレスの予防方法と発散方法は?

転職

転職活動中は不安や焦りを感じ、

時間にも余裕がないため、

ストレスを感じやすいです。

 

実際、ストレスで転職を諦めたり、

心や体に支障をきたしたりする人も珍しくありません。

 

転職活動中の「疲れた」「辛い」というような悩みには、

どのように対応すれば良いのでしょうか。

 

ここでは、転職活動中にストレスを感じる理由や

ストレスの予防法、解消法などについてご説明いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職活動中はストレスを感じる!

人間関係や仕事内容に悩んだり、

キャリアアップを目指したりして

転職活動を始める人は多いです。

 

特に、仕事に慣れてくると

ライフプランを考える機会が増えてくるので

転職活動をする人が珍しくありません。

 

転職活動を行う時に、ハードルとなるのがストレスです。

まずは、転職活動中にストレスを感じる理由を確認してみましょう。

 

■不採用通知を受け取る

転職活動中不採用通知を受け取った方は少なくありません。

スキルや目指している業界、

譲れない条件などによって異なりますが、

多くの人は20社程度から不採用となり、

30~40社から不採用通知を受け取る人も珍しくありません。

 

仕事内容や条件を調べて「働きたい」と思った会社から、

不採用を言い渡されると、ショックを受けますよね。

 

続けて不採用通知を受け取れば、

自分を否定されたような気がして

ストレスを感じる人が多いですよね。

 

他の転職経験者と比べて、

採用までにかかる期間が長ければ

「自分を求める企業はない」などとマイナス思考に陥り、

転職活動を続けるのが嫌になります。

 

■時間を確保できない

転職活動中は自己分析や企業研究、

求人検索、応募書類の準備、面接などで時間を取られます。

 

そのため、自由に使える時間がないことが原因で

ストレスを感じる人も多いです。

 

特に、在職中の人は仕事と転職活動の両方に時間を追われて

ストレスを感じますよね。

 

スムーズに応募書類を用意できなかったり、

面接に時間を取れなかったりすると、

希望する企業に転職できず、転職活動も長引いたりします。

 

転職活動が長引けば、

自由に時間を確保できないことも増えるため、

さらにストレスが増大していきます。

 

■お金がかかる

転職活動は意外とお金がかかります

交通費や履歴書に貼る写真の撮影費用、

面接で着用するスーツの購入費などを合わせると、

予定よりもはるかにお金がかかってしまうことも多いです。

 

お金がかかれば、貯金が減ってストレスを感じます。

 

特に、無職になってから転職活動をスタートした人は

「転職先が決まらないのに、お金はどんどんと無くなっていく」と

不安を覚えやすいです。

 

■仕事との両立が難しい

在職中に転職活動を行う場合は、

仕事との両立に悩む人も多いです。

 

転職活動をしていることを隠すため、

服装に気を使ったり、

有給の取得方法を考えたりするのが面倒くさいと

感じる人も少なくありません。

 

また、何かをきっかけとして転職活動をしていることが

職場の人にバレた場合、人間関係がこじれたり、

転職をやめるように説得されたりして

ストレスを感じることもあります。

 

■未来への不安を感じる

選考が進んでくると、

未来への不安でストレスを感じることもあります。

 

「本当に転職をしていいのか」

「転職先で希望通りの仕事をできるか」などと不安を覚えると、

転職活動を進めることにストレスを感じるでしょう。

 

転職活動中のストレスを放置するとどうなるの?

「転職活動にはストレスが付きもの」というイメージがあるため、

ストレスを感じても対策をしない人は珍しくありません。

 

ところが、転職活動中のストレスを放置すると、

さまざまな不利益が生じます。

 

■体調が崩れる

ストレスを感じると、

自律神経をコントロールしている脳の視床下部が

ダメージを受けます。

 

これによって、自律神経のバランスが崩れれば、

さまざまな症状が現れます。

 

具体的には、頭痛や腹痛、めまいなどに悩まされたり、

疲れやすくなったりすることが多いです。

 

体調を崩せば、転職活動や現在の仕事に支障をきたし、

さらにストレスを感じてしまうでしょう。

 

■美容にも悪影響が及ぶ

ストレスは美容にも悪影響です。

ストレスを感じると、肌荒れが起きやすくなるので、

転職中はニキビや吹き出物に悩む人も少なくありません。

 

さらに、ストレスの影響で

ホルモンバランスが乱れれば、

食欲が増進するため、太る人も多いです。

 

■集中力や記憶力が低下する

ストレスで脳にダメージが与えられると、

集中力や記憶力も低下します。

 

脳が働かなければ、転職活動で失敗することもあるでしょう。

 

在職中の場合は、仕事でミスが増えて、

周りの人から指摘されたり、

効率的に仕事をこなせなくなったりすることも

少なくありまません。

 

■メンタル面での影響

ストレスが溜まると、些細なことでイライラしたり、

不安を感じたりします。

 

イライラや不安が募れば、

さらにストレスが蓄積されて悪循環に陥ることも多いです。

 

ストレスを放置していれば、

自律神経失調症やうつ病などの病気に繋がって、

転職先で仕事をするのが難しくなる可能性もあります。

 

■ストレスで転職を諦めない!

不採用や疲労などのストレスが原因で

転職活動を諦める人もいます。

 

しかし、転職活動を諦めるのはおすすめできません。

 

「転職したい」と考えた人は

何か大きな理由があるはずです。

 

理由は人によって違いますが、

人間関係や仕事内容に悩んだり、

もっと成長したいと思ったりして

転職を決意した場合、ストレスで転職を諦めると、

理想の未来に近づけません。

 

例えば、人間関係に悩んで転職を決めた人は、

ストレスで転職活動を辞めると、

これから先も人間関係に悩みを抱えたまま

生きていく必要があります。

 

理由があって転職を決意したなら、

ストレスを予防したり、解消したりして、

思い描く理想を手に入れましょう。

 

転職活動によるストレスを予防する方法

不採用通知を受け取ったり、

時間に追われたりする転職活動では、

ストレスを感じることが多いです。

 

しかし、対策次第では深刻なストレスを予防できます。

ストレスの予防法を確認してみましょう。

 

■頑張りすぎない

転職活動中は頑張りすぎないようにしましょう。

 

「早く転職先を決めたい」

「必ず面接を突破する」などと頑張りすぎると、

心身ともに疲れてしまいます。

 

特に、在職中の人は現在の職場を保険と考えて

「失敗しても大丈夫」という心構えで転職活動を行いましょう。

 

焦らず自分のペースで転職先を探すと、

時間がかかっても

希望に合った職場を見つけられる可能性が高いです。

 

■計画的に転職活動を進める

転職活動の計画を立てることも大切です。

 

「〇か月で資格を取得する」

「〇か月かけて転職先を見つける」などと

目標を立てれば、忙しくても

気持ちに余裕ができてストレスが溜まりにくいです。

 

転職活動のスケジュールが決まったら、

必要なお金も用意しましょう。

 

月給3か月分程度を予算にしておくと、

お金の心配をせずに

転職活動を進められると言われています。

 

■ネガティブ思考をやめる

転職活動中は何事もネガティブに考えるのは避けましょう。

 

ネガティブ思考に陥りそうになったら

「転職先で成長する」「給料が高い企業で働く」などと

転職の目標を振り返ってモチベーションを上げましょう。

 

■時間を効率的に使う

在職中に転職活動をしている人は

時間に追われてストレスを感じることが多いです。

 

ストレスを溜めたくない人は

通勤中や空いた時間などにスマホで求人検索したり、

後輩を育成して仕事を任せたりして、

時間を確保しましょう。

 

■普段以上に仕事を頑張る

仕事をしながら転職活動をする場合は、

普段以上に仕事を頑張るのも良いでしょう。

 

仕事で結果を残せば、同僚や先輩との関係が良くなって

ストレスが溜まりにくいです。

 

また、仕事を頑張っていれば、

有給も取りやすくなることが多いので、

面接のスケジュールも調整できるでしょう。

 

■足りないスキルを補う

複数の企業から不採用通知を受け取ると

「自分は価値がない」などと悩む人が多いです。

 

転職活動でストレスを溜めたくない人は

足りないと思うスキルを補って、自分に自信を持ちましょう。

 

スキルを習得したい人は

現在の職場で経験を積んだり、

資格を取ったりするのがおすすめです。

 

転職活動中のストレスを解消する方法

転職活動中はネガティブ思考に陥らないように注意したり、

効率的に時間を使っていたりしても、

ストレスが溜まってしまうことがあります。

 

体調を崩したり、転職活動を諦めたくなったりしないように、

転職活動中はストレスの解消を心がけましょう。

 

■不採用になったら企業と縁がなかったと考える

働きたい企業から不採用通知が届くと、

気持ちが沈みますよね。

 

しかし、不採用通知を手にする度に悩んでいると、

ストレスが増大します。

 

不採用になったら「その企業とは縁がなかった」と考え、

他の企業の選考に集中するようにしましょう。

 

転職活動では、たくさんの企業の選考を受けますが、

働けるのはたった1社です。

 

縁のない企業で働いても

社風や仕事内容が自分に合わず、

再び転職したくなる可能性が高いため、

不採用通知は自分に合った企業を探す道具と考えましょう。

 

■成功に向けてコツコツと努力する

不採用が続く時は、「自分は価値がない」と諦めるのではなく、

職務経歴書や履歴書の内容を見直したり、

面接の答えを考え直したりして努力しましょう。

 

それが良い結果に繋がれば、

自分に自信を持てるようになって

ストレスも減りますよね。

 

■休みを取る

転職活動中は精神的にも肉体的にも疲れが溜まります。

 

疲れがたまった状態で選考に臨んでも

良い結果は期待できないので、

しっかりと休むことも大切です。

 

週に1~2日は転職のことを全く考えず、

楽しく過ごすようにすれば、

ストレスが発散されて、

転職に対するモチベーションも上がりますよね。

 

また、適度な運動も欠かせません。

体を動かすとストレスが発散されて、

体力もアップします。

 

ただし、疲労の溜まるハードな運動は

かえってストレスになってしまうので、

疲れている時は避けるようにしましょう。

 

■信頼できる友人に相談する

転職活動が思うように進まず

「どうしたらいいのかわからない」という時は

信頼できる友人に相談してみましょう。

 

客観的なアドバイスをもらえたり、

話すことで気分がすっきりして

転職活動がスムーズに進むことがあります。

 

ただし、在職中の場合は同僚に相談するのはやめましょう。

同僚から上司などに転職活動中であることを告げられれば、

職場で働きにくくなる可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職エージェントを使って転職活動を成功させよう!

転職活動中はストレスを感じることが多いです。

しかし、転職は理想の未来に近づくための手段なので、

転職エージェントを利用するのも一つの手段です。

 

面接の日程を調整してくれたり、

希望とマッチする求人を紹介してくれたりしてくれます。

 

面接時でのアドバイスもしてくれるので、

転職エージェントを上手に使えば、

転職を効率的に進めることができます。

 

マイナビジョブ20’sは、

20代専門転職支援サービスで、

求人のほとんどが20代対象です。

 

「自分が何をしたいのかわからない」

「もっと活躍できる場所がほしい」と

20代の多くの方が悩んでいることに対して、

専門のキャリアアドバイザーが対応してくれます。

 

職務経歴書や履歴書のチェックをしてくれるなど

丁寧できめ細かいサービスが好評です。

 

登録は無料ですので、

悩んでいるならまずは登録してみませんか?

 

20代、第二新卒に特化されたマイナビジョブ20’sなら

的確なアドバイスを受けられて、転職活動を行えますよ。