転職で給料を上げたい女性の4つの本音

転職

今や女性の社会進出は当たり前となり、

優秀な人材として女性の活躍が期待されています。

 

しかし、古い考えを捨てきれていない人も多く、

女性を適正に評価できない人も少なくありません。

 

そういった人が管理職についている企業に

不満を持っている女性は少なくありません。

 

女性が適正な評価を受けて

給料を上げることができる会社を選ぶ方法を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ転職したいの?その切実な4つの理由

以前は転職の数は社会的にマイナスポイントと

されることが当たり前でしたが、最近では

キャリアアップなどのしっかりとした理由があれば、

挑戦している証明となり評価されることも増えてきました。

 

労働力として期待されるようになった女性も

転職をして人生を豊かにしたいと考える人も珍しくありません。

女性が転職したいと考える理由は男性に比べて多岐にわたるようです。

 

自分の価値を低く評価されている気がする

これは男性にも同じことが言えることですが、

自分に頑張りや努力に見合った評価を

受けることができないと転職したいと考えますよね。

 

近年は女性が活躍する場がどんどん増えてきていますが、

企業の中にはいまだ男性優位の古い考えを持っている人もいます。

そういった人が管理職についている場合は

女性だからという理由で評価されないというケースがあります。

 

自分の才能やスキルを出し切れる環境が無い

上記の理由につながる部分がありますが、

男性優位の考えが染みついた企業では

女性だからという理由で適正な評価をされず、

自分が持っている才能やスキルを

出し切れる環境に配属されないことがあります。

 

「自分のほうがうまくやれるのに」と思いながら

他人の仕事を見ているだけというのは

かなりのストレスになります。

 

転職したいと考えるのも無理ありません。

 

仕事がきついのに全体的に給料が安い

仕事がきついのにも関わらず

給料が安いというにも転職の理由に挙げられます。

 

現代人は仕事以外にも生きがいをもつことが当たり前です。

残業が多かったり、仕事量が多く

疲れて自宅に帰ってすぐに寝てしまうという生活を

繰り返していたら「このままでいいのか」と思ってしまいます。

 

加えて給料が低いと生活が苦しくなっていまい、

何のために頑張っているのかわかりませんよね。

 

今転職しないと後がないと不安に駆られる

派遣で働いていたり、印刷業など業界的に

将来が不安であるという場合もあります。

 

今の状況のまま働き続けるのは

リスクが高いと考えている人もいます。

また年齢的な問題も大きいです。

 

業種によりますが、25歳から30歳が

キャリアアップを含んだ転職の限度とされています。

特に女性は結婚や出産を考えているのであれば、

より限定的な期間になります。

 

転職して給料を上げたい女性が語る本音

実際に女性が転職したいと考える職場の現状が気になります。

転職したいして給料をあげたいと考える女性の本音を紹介します。

 

将来的に結婚・出産・育児をするのが難しい!

女性であれば将来的に結婚・出産・育児を考えている人も多いです。

しかし、仕事をしていくうえで

すべてを両立することは難しいです。

 

周りからのサポートを

受けなければならない場合も多くあります。

 

法律的にはだいぶ整備されてきて

育児休暇など取りやすい制度にはなってきています。

しかし、制度が整備されていても会社にその風土自体無ければ、

機能しないことがほとんどです。

 

恋愛や結婚の対象になる人がいない

学生と違い、社会人になれば出会いの場が一気になくなります。

仕事ばかりで恋人がほしいと思っても難しい場合があります。

仕事が忙しいと合コンや街コンなどに

参加する時間も取れなかったりします。

 

しかし、女性メインの職場だったり、

同年代がいない、既婚者ばかりなど、

恋愛の対象になるような人がいないと

同じ職場で相手を探すことも難しいですよね。

 

出会いのためだけに仕事をしているわけではないにしても、

同じ職場なら仕事と結婚も両立しやすい場合があります。

 

結婚しても両立が難しい

職場によっては、人手不足で結婚して

子供もでも生まれたら困るという

心無いことを言ってくる人がいることもあるようです。

 

特に看護師や保育士は

いまだ女性メインで人手不足の業界です。

周りの理解が得られないと

仕事をしながら結婚することはできません。

 

出産・育児と両立できる職場ではない

育児休暇や出産からの職場復帰の環境は整いつつあります。

しかしあくまで法的な整備にとどまっています。

現状ではさほど強制力もなく、企業の裁量に任されています。

 

いくら制度があっても

企業にそういった考えが浸透していなければ

制度は機能しません。

 

女性の仕事と育児の両立に肯定的な職場に

転職したいと考えている女性は少なくありません。

 

転職して給料を上げたいけど転職の現実を知っておこう!

ネットを見ていれば「転職して年収○○万円アップ!」などの

うたい文句があふれています。

現状はどうなのでしょうか。

 

転職は中途採用!驚くほどの年収アップは望めない?

転職は中途採用になります。

そのため、いきなり大きな年収アップは望めません。

 

専門性が高い業種であれば

年収を上げることができるかもしれませんが、

中途採用では即戦力になる人材が求められるため、

未経験では難しいかもしれません。

 

それほど自分の年収を大きく増やすことは

できないと思っていたほうがいいかもしれません。

 

全体的に年収が上がらない業種もある

ニュースなどでもしきりに報じられていますが、

最近ではAIの技術の進歩がすさまじいです。

 

業界によってはAIに仕事を奪われるなんて話も

よく言われています。

そのため、業界によってはすでに成長が望めない業種があります。

 

転職活動をするときは企業だけでなく、

業界や業種のことも深くリサーチしましょう。

 

転職しても自分に合った企業とは限らない

転職サイトや求人情報に待遇や仕事内容は書かれていますが、

職場の雰囲気やどんな人間がいるのかは書かれていません。

 

求人情報では女性に優しい職場をアピールしていても、

実際に配属された部署では

理解がない人が管理職を務めていたりする場合があります。

 

ましてや前述したように規則があっても風土がなく、

全く機能していない場合もあるので注意が必要です。

大きい企業であれば直接企業名でリサーチしてみることが大切です。

 

職場によってはインターン期間を

設けてくれるところもあるので

一度交渉してみてもいいのではないでしょうか。

 

恋愛対象のチェックは転職前に知るのは難しい

転職した先に自分の恋愛対象になるような人がいるかどうかを

知るのは難しいことです。

 

待遇や女性向けの制度がしっかりした企業を優先して選び、

その中で出会いがあればラッキー

程度に考えていた方がいいでしょう。

 

転職して給料を上げたいならやってみるべき3つの方法

ただその場しのぎで転職しても

自分のキャリアアップに繋げることは難しいです。

しっかり事前に準備して進めることをおすすめします。

 

転職で給料を上げたい人がやっておくべきことを3つ紹介します。

 

実力主義に企業に転職して年収アップを狙う

自分の実力に自信があるのなら

実力主義の企業に転職しましょう。

 

実力主義の会社であれば男女関係なく、

結果に応じてどんどん年収を上げることができます。

 

具体的な業種でいえば「営業職」です。

特に保険や不動産営業は成果主義の傾向が強く、

結果を出すことができれば見合った給料を得られます。

 

しかし、その反面結果を残せなければ

生き残って行けないので

かなりピリピリした雰囲気の中で働くことになります。

精神的に疲れてしまうリスクもあります。

 

資格を取得でスキルアップして転職をする

資格を取得して専門性が高い業種に転職すると

いう手段もあります。

 

おすすめはファイナンシャルプランナーの資格です。

特に専門的な学校に通う必要もなく、

前述した保険営業をするのに非常に有利になります。

 

不動産業界を目指すのであれば

宅地建物取引業の資格取得を目指しましょう。

 

同じ業種で今の会社より年収が高い企業へ転職する

今と同じ業種であれば経験や実績で

即戦力としてアピールすることができます。

 

転職先の会社で今の会社での評価が

適正ではないという判断をされれば、

年収を上げることが可能になります。

 

転職で給料を上げたいなら適正評価する会社を選ぼう

女性の社会進出に伴い、

女性が働きやすい環境になりつつあります。

 

しかし、あくまで規則の上での話で、

実際にそれが社会全体に適応されるのには時間がかかります。

 

企業や管理職についている人によっては

女性の仕事と家庭に両立に理解を示さないこともあります。

 

しかし、すべての企業が

そのような考えを持っているわけではありません。

事前にリサーチをしてしっかり準備すれば

女性に優しい職場に転職することができます。

 

今の会社での評価が適正ではないと

自分で思っているのであれば、

自分を評価してくれる会社を見つけることが

転職して年収をアップさせる一番の近道になります。

 

転職ですべてが解決できるわけではありませんが、

今の会社に不満があるのであれば

転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

20代の転職に必要なノウハウを知って差をつけるなら

 

 

 

 

 

 

マイナビジョブズ