会社に居場所がない!職場で孤立する理由と良好な人間関係を築くには?

仕事

会社で居場所がないと悩む社会人は少なくありません。

孤立すると、職場に行きたくなくなったり、

ストレスが溜まったりします。

 

今回は、会社で居場所がない理由や

居場所を作るための対策などをご紹介いたします。

 

 

1.会社に居場所がない!その理由とは?

会社で居場所がないと悩む社会人は多いです。

 

直接的にいじめやパワハラを受けていなくても、

昼休みに独りぼっちだったり、

飲み会や食事会に呼ばれなかったりすると、

孤立を感じたりします。

 

居場所がなくなれば、周りからどう思われているのか気になったり、

上司からやりがいのある仕事を回されなくなったりすることもあります。

 

まずは、会社で居場所がなくなる理由を確認してみましょう。

 

1-1.空気を読めない

空気を読めない人は周りの人との関係に溝ができやすいです。

例えば、上司や同僚が一生懸命働いている時に

「疲れた」「帰りたい」などと発言すると、

周りから良く思われず、居場所がなくなる可能性があります。

 

空気を読めない人は上司からの信頼も得られないため、

自分に回ってくるはずだったやりがいのある仕事が

新入社員などに回されることも多いです。

 

1-2.コミュニケーションが下手

会社で孤立する人は

人とのコミュニケーションが苦手な傾向にあります。

 

職場の飲み会や食事会に欠席し続けていると、

上司や同僚と仲良くなれません。

 

積極的に飲み会や食事会に参加している人たちは

どんどんと距離を縮めていくので、

欠席しがちな人は輪に入りにくくなり、

居場所がなくなったりしがちです。

 

また、会話が長続きしない人も職場で孤立しがちです。

相手の発言を「へぇー」などと流したり、否定したりしていると、

気づかない間に相手を不快にすることもあります。

 

「会話が楽しくない」と思われると、

話を振られる回数が減って居場所をなくします。

 

1-3.あいさつができない

「ありがとう」「ごめんなさい」「お疲れ様です」などの

あいさつができていない人も

会社で居場所をなくしやすいです。

 

例えば、仕事でミスをカバーしてもらった時にあいさつしなければ、

「次回からは助けたくない」などと思われてしまうでしょう。

 

1-4.清楚感がない

「清楚感がない人とはあまり関わりたくない」と思っている人が多いです。

 

ヨレヨレでシワの付いた服を着ている人や

髪がボサボサで化粧が崩れている人は

上司に「取引先の人に会わせたくない」などと判断されたりします。

 

さらに、清楚感がない人は「一緒にいたくない」と思われて

ランチや飲み会に誘ってもらえないことも多いです。

 

1-5.目立った行動をしている

日本では、出る杭は打たれます。

 

仕事で成果を上げていると、上司から妬まれて

居場所がなくなる人も少なくありません。

 

また、情熱をもって仕事に取り組んでいたり、

会社の制度を改革していたりする人も

目立ちすぎて孤立することがあります。

 

1-6.仕事で失敗が多い

仕事で失敗が多い人も会社で居場所がなくなりやすいです。

 

周りの人から「いつもあの人のサポートに時間を取られる」などと思われれば、

少しずつ居場所がなくなり、大切な仕事も任せてもらえなくなるでしょう。

 

また、「自分は仕事ができない」とマイナス感情を持つと、

塞ぎ込んでしまい、職場の人と距離を遠ざける人も多いです。

2.居場所がない会社で働き続けるデメリット

「会社には居場所がない」と感じたまま働き続けると、

さまざまなデメリットが生じます。

 

2-1.キャリアアップできない

会社に居場所がない人は周りの人の視線が気になって

仕事に集中できません。

 

集中できなければ、ミスが増えたり、作業効率が落ちたりして

キャリアアップに悪影響が及ぶことがあります。

 

また、会社で孤立していると、仕事のために誰かと協力したり、

キャリアアップのチャンスを掴むために

積極的に行動したりできません。

 

さらに、上司と信頼関係が築けていなければ、

新卒の新入社員などにやりがいのある仕事を

奪われてしまうことも多いです。

 

キャリアアップできずに同じ仕事を繰り返していると、

やる気がなくなってネガティブになるので、

さらに会社で居場所がなくなることもあります。

 

2-2.ストレスが蓄積する

居場所がない会社に行くのは辛いです。

 

毎日、「この職場には自分の居場所がない」などと

悩んでいるとストレスが溜まります。

 

ストレスが蓄積すると、体調を崩して頭痛や腹痛、

めまいなどが起こることもあります。

 

また、強いストレスを受ければ、うつ病になって

仕事を続けられなくなることも珍しくありません。

 

うつ病になると、転職にも悪影響が及ぶため、

「会社に居場所がない」というストレスはできるだけ早く改善する必要があります。

 

3.会社で居場所がない時に試すべき対策4選

居場所がない会社で働き続けるのは

キャリアアップにも心身にも良くありません。

 

会社で居場所がないと悩んでいる人は

次の対策を試してみましょう。

 

3-1.なぜ孤立しているのか考える

居場所がないと感じたら、まずは原因を考えてみましょう。

自分に原因がある場合は、それを改善すると、

状況が良くなることが多いです。

 

例えば、仕事で失敗が多い人は

スキルアップを目指して努力すると、

周りからの視線が変わって居場所を作れるたりします。

 

スキルアップできれば、自分に自信を持てて

ネガティブ思考を脱出できるので、

上司や同僚とのコミュニケーションも上手くいきます。

 

3-2.積極的にコミュニケーションを取る

会社で居場所を作りたいなら、

自分から積極的にコミュニケーションを取ることも大切です。

 

会話が苦手な人は「おはようございます」「お疲れさまでした」などの

基本のあいさつを笑顔ですることを心がけましょう。

 

あいさつされて嫌な気持ちになる人はいないので、

笑顔でのあいさつを続けていれば、職場で好印象を与えられます。

 

相手も笑顔で挨拶してくれるようになったら、

世間話や仕事に関する話をしてみると、

職場に馴染めるようになるでしょう。

 

3-3.自分をさらけ出す

会社で居場所がない人は周りの人から誤解されていることが多いです。

 

「いつも楽しくなさそう」「何を考えているのかわからない」

「私のことを嫌ってそう」などと誤解されると、

相手から距離を縮めてくれることはないでしょう。

 

誤解されていると感じたら、

思い切って自分をさらけ出してみるのがおすすめです。

 

「コミュニケーションが苦手」などと弱みを見せると、

誤解が解けて周りの人から受け入れてもらえます。

 

3-4.1人でも味方を作る

コミュニケーションが苦手で、会社で居場所をなくした人が

大勢の人と一気に信頼関係を築くのは簡単ではありません。

 

会社で居場所が欲しいと思ったら、

まずは信頼できる人を1人でも探して味方に付けるのがおすすめです。

 

1人と信頼関係が築けると、その人から人間関係が広がり、

職場に居場所ができるでしょう。

 

また、相談相手を見つければ、

ストレスを溜めこんでしまうことも減ります。

 

4.居場所がない会社で働き続けるのが辛いなら転職もあり!

新卒の新入社員から40代以上のベテラン社員まで

「会社に居場所がない」と悩む人は多いです。

 

人間関係は自分だけの問題ではないので、

努力して職場に馴染もうと思っても

問題を解決できないことも珍しくありません。

 

居場所がない職場で働き続ければ、

理想のキャリアプランを実現できなかったり、

ストレスでうつ病になったりするので、

思い切って転職を考えてみるのも良いでしょう。

 

実際、「会社に居場所がない」などの

人間関係の問題で転職する人は多いです。

 

4-1.転職のメリット

居場所がない人が転職をするメリットをチェックしてみましょう。

 

■人間関係をリセットできる

すでに会社で孤立している人が職場の人と積極的に

コミュニケーションを取るのは簡単ではありません。

 

頑張って会社の人と距離を縮めようと思っても

相手が受け入れてくれないことも多いです。

 

居場所を作るために努力をしていても

成果が出なければ、ストレスが溜まります。

 

一方、転職をすると、人間関係をリセットできます。

 

新入社員は興味を持ってもらいやすいため、

前の会社での反省点をいかして

周りの人とコミュニケーションを取ると、

職場で居場所ができるでしょう。

 

■自分に合った仕事ならやる気がアップする

転職で自分に合った仕事を見つけられると、

仕事に対するやる気がアップします。

 

やる気が出れば、仕事で成果を収められて

上司や同僚と信頼関係を築けるでしょう。

 

また、成果が出ると、ポジティブになれるので、

周りの人とのコミュニケーションもはかどります。

 

さらに、成果が認められれば、

キャリアアップも期待できるでしょう。

 

4-2.会社で居場所がない人が転職前にやるべきこと

会社に居場所がないと悩んでいても

準備せずに転職するのはおすすめしません。

 

どうして自分が会社で孤立してしまったのかわからないまま転職すると、

転職先でも居場所がなくなることがあります。

転職を考えている人は次のことをやっておきましょう。

 

■有休を取って体と心を休ませる

有休が残っている人は転職前に休みを取って

疲れた体と心をリラックスさせましょう。

 

「早く居場所がない会社を辞めたい」と

体や心が疲れた状態で転職すると、

ストレスからマイナス思考になり、

転職先で良好な人間関係を築けないことがあります。

 

■第三者の意見を聞く

居場所がないことが原因で会社を辞めたい人は

第三者に状況を相談してみましょう。

 

会社で居場所がなくなった原因や

自分がやるべきことについて客観的なアドバイスをもらうと、

転職先での居場所作りに役立てられます。

 

ただし、会社で居場所がないことを

仕事関係の人や家族に相談するのは控えましょう。

 

仕事関係の人や家族に相談すると、転職を引き留められて

居場所がない会社でズルズルと働き続けることになる人も多いです。

 

上司や同僚とコミュニケーションを取れていなかったり、

仕事でミスが続いたりすると、会社で居場所がなくなることがあります。

 

居場所がなくなったら、自分から挨拶をしたり、

飲み会や食事会に参加したりして周りの人と信頼関係を築きましょう。

 

どうしても辛いと感じる人や

人間関係をリセットしたい人は

思い切って転職を考えてみるのもおすすめです。

 

転職で自分に合った仕事が見つかれば、

会社に居場所ができるだけでなく、

キャリアアップも期待できるかもしれませんね。