会社への不満はキャリアアップへの道!自分の市場価値を高める方法とは?

仕事

20代半ばになると、自分に自信がついたり、

会社や仕事に不満を感じたりして「市場価値を知りたい」

キャリアアップしたい」と考える人が多いです。

では、キャリアアップのためには、どのように行動すれば良いのでしょうか。

 

キャリアアップに大切なことや

理想的な未来に近づくための具体的な方法についてご紹介しますね。

今の仕事に対する不満はキャリアアップへの近道!

入社後、数年が経過し、自分に自信が付いてくると、

自分の市場価値を知りたいと考える人が多くなります。

 

例えば、26歳の方なら大卒の新卒で入社してから

丸4年が経過していますね。

この頃になると、一通りの仕事を一人前にできるようになり、

充実していると感じる人がいる一方で、

さまざまな不満を抱える人も珍しくありません。

 

仕事に対する不満の例

会社組織に対する不満

正当な評価を受けられなかったり、

仕事内容に見合う給料が支払われなかったりすると、

会社に対して不満が大きくなります。

 

また、労働環境が悪く

「ブラック企業」のような雇用形態であれば、

転職を考える人も多くなります。

 

人間関係に対する不満

理不尽に起こる上司やスキル不足の部下との関係性に悩んだり、

職場でいじめを受けて仕事が嫌になったりする人もいます。

 

仕事は一人ではできないため、

人間関係に悩むと、市場価値を知って転職を

検討したいと考えるようになるでしょう。

 

仕事のやり方

仕事内容が自分に合っていない場合や

仕事でスキルアップできないと感じている場合も不満が募ります。

 

仕事のやり方や内容に満足できず

「このままでは会社の駒として使われて終わる」と

考えている人も少なくありません。

 

不満がキャリアアップへつながる

会社や仕事内容に対して不満を抱えていると、

それを克服するために、キャリアアップを目指します。

その際に、一つの指標となるのが自分の市場価値です。

 

ビジネスパーソンの市場価値とは、適切な年収相場です。

学歴や年齢のほかに職歴や能力、

スキル、資格なども市場価値に含まれます。

 

市場価値は社内評価とは違い、社会的な指標です。

会社や仕事に不満を持つ人は「このままで終わりたくない」と感じ、

社会的な市場価値を知って、

キャリアアップに繋げたいと考えるようになります。

 

不満を放置することによって起こる不利益

会社や仕事に不満を抱えていても、

そのまま放置する人は珍しくありません。

しかし、キャリアアップせずに不満を放置していると、

さまざまな不利益が起こります。

 

規模が小さい会社で起こる不利益

規模が小さい会社で人間関係に悩む場合は、

自分が変わるか環境を変えなければ、

不満は大きくなるばかりです。

 

また、小さい会社で人間関係が煮詰まれば、

斬新的な考え方の人と触れ合うこともなく、

刺激のない毎日を過ごすこととなります。

 

さらに、規模が小さい会社では、

人材が不足していることも多いです。

 

一人がミスをすると、会社全体で仕事が回らず、

一人ひとりの負担が大きくなって

休日出勤や残業も増えるかもしれません。

 

休日出勤や残業が増えれば、

プライベートの時間を確保できず、

さらに会社や仕事に対して不満が募ります。

 

会社の規模にかかわらず起こる不利益

会社の規模にかかわらず、

会社や仕事に対して不満を持ち続けながら働いていると、

この先もずっと同じ生活を送るという閉塞感を覚えます。

 

閉塞感を抱き続けていれば「人生が楽しくない」

「仕事にやる気が起きない」などと思うことも増えるでしょう。

 

市場価値を高めてキャリアアップするために必要なこと

会社の駒で終わることに不満を感じていたり、

満足できる仕事をしたいと考えていたりする人は

キャリアアップを目指しましょう。

 

キャリアアップとは、市場価値を高める経歴を作ったり、

今よりも給料や労働条件が良い仕事や役職に就いたりすることです。

 

では、自分の市場価値を高めてキャリアアップをするためには、

何をすれば良いのでしょうか。

キャリアアップするためには4つのことを行う必要があります。

 

論理的思考を身に付ける

キャリアアップのためには、論理的思考が不可欠です。

例えば、何をどうすれば思い描く未来にたどり着けるのかを

考えられなければ、自分が望むキャリアアップの実現は叶いません。

 

まずは、現在の不満や課題を明確にして

「どうなりたいのか」「何を目指すのか」を考えましょう。

 

希望の未来が決まったら、その実現のために

何が必要なのかを考えれば、

少しずつキャリアアップや市場価値の向上を目指せます。

 

分析力を培う

論理的思考を身に付けるためには論理的思考も必要です。

例えば、営業からキャリアアップして商品開発を行うために、

顧客視点に立ちたいと考えても、分析力がなければ、

顧客が何を求めているのかはわかりません。

 

また、自分に対する分析力がなければ、

本当に理想とする未来にたどり着けない可能性もあります。

 

例を挙げると、給与が高いという理由だけで管理職を目指せば、

管理職になれても不満を感じることが多いです。

 

キャリアアップはあくまでも自分の幸せを得ることがゴールなので、

それを実現させるためには自分を分析して

強みや弱みなどを理解しておかなければなりません。

 

今ある知識やスキルを上げる

もちろん、仕事に関する知識を深めて、

スキルを上げることも大切です。

 

論理的思考や分析力を使い、

キャリアアップのために何が必要なのかを見極めたら、

それに基づいて知識やスキルを高めましょう。

 

キャリアアップの目標が高ければ高いほど、

必要とされる知識やスキルのレベルは高いです。

 

すでに一人前の知識やスキルを習得していれば、

より深い知識や高度なスキルが必要となるため、

習得は簡単ではないでしょう。

 

しかし、キャリアアップを実現させたいなら、

挫折をしても自分を奮い立たせて、

努力する必要があるのです。

 

新しい知識やスキルを身に付ける

キャリアアップや市場価値の向上のためには、

新しい知識やスキルを身に付けることも必要です。

 

例えば、プログラマーとして働いている人が

SEにキャリアアップしたい場合は、

システム設計に必要な知識を身に付けなければなりません。

 

また、営業としてプロフェッショナルを目指すなら、

新しい商品に関する知識を身に付ける必要があります。

 

キャリアアップしたいなら、

常に新しい知識やスキルの習得を目指し、

仕事に関する勉強をする習慣を身に付けておきましょう。

 

コミュニケーション能力を高める

仕事をするうえで、他人とのコミュニケーションは欠かせません。

知識を深めたり、スキルを身に付けたりすれば、

自分だけでやりがいのある仕事ができると

考えている人もいるかもしれませんが、

一人でできる仕事は限られているのです。

 

例を挙げると、仕事で成果を上げるためには、

上司や同僚だけでなく、他部署の人の協力も必要です。

 

また、取引先と良好な関係を築けなければ、

どれだけ知識やスキルを身に付けても

目に見える結果は得られません。

 

さらに、上司との関係が良くなければ、

仕事で成果を出しても評価が上がらず、

昇進や昇給が実現されない可能性もあります。

 

キャリアアップを目指すなら、

他の人と良好な関係を築くための

コミュニケーション能力にも磨きをかけましょう。

 

キャリアアップするための具体的な方法

論理的思考や分析力を身に付けることや

コミュニケーション能力に磨きをかけることが大切だとわかっても、

行動しなければ思い描く未来には近づけません。

 

キャリアアップや市場価値の向上を実現するためには、

実際に行動を起こすことが重要です。

 

では、キャリアアップするためには

具体的にはどのような行動を起こせば良いのでしょうか。

 

論理的思考を身に付ける方法

論理的思考を身に付けるためには、

常に物事を筋道立てて考えることが大切です。

 

キャリアアップのための目標設定では、

理想の未来に近づくために

やるべきことを具体的に考えましょう。

 

例えば、営業のプロフェッショナルになりたいなら

「顧客に対する提案内容を深める」という目標を

設定するだけでは不十分です。

 

より成果を上げるためには

「提案内容を深めるために客観的データを5つ提示する」などと

筋道立てて具体的な目標を決めましょう。

 

論理的思考を身に付けたい時は

成果を上げている人の思考を参考にするのも一つの手段です。

 

現在は成果を上げて成功しているビジネスパーソンが書いた本なども

出版されているため、思考に自信がない人は参考にしてみましょう。

 

分析力の培い方

思い描く未来に到達するためには、

物事を正しく分析する力が大切です。

 

失敗の原因や他社が成功した理由を分析できなければ、

知識やスキルを身に着けていても

キャリアアップは実現できません。

 

キャリアアップのためには、

物事を多角的に考えたり観察したりすることを習慣化し、

分析力を培いましょう。

 

分析力を磨くためには、数字に触れることも欠かせません。

過去のデータなどを分析し、

どうすれば成功するのかを理解できれば、

成果につなげられます。

 

また、分析力を高めるためには

ITスキルを身に付けるのもおすすめです。

 

数字を計算する時に手作業では

時間がかかってミスの可能性も高まります。

一方、分析に必要なITスキルを身に付ければ、

効率的にデータを分析できるでしょう。

 

なお、分析力は仕事に反映することが大切です。

分析の結果、目的に合った組み合わせを導き出せたら、

プレゼンテーションなどで上司や同僚を納得させて、

成果に結びつけて行くようにしましょう。

 

得た知識やスキルを実際に使う

勉強や読書などで得た知識やスキルは

仕事で積極的に使いましょう

 

どれだけ知識やスキルを持っていても、

それを活かさなければ、

キャリアアップは叶えられません。

 

深めた知識や磨いたスキルを実際に仕事で使い、

成果が上がれば、

さらに知識やスキルを習得していきましょう。

 

得た知識やスキルを使って失敗した場合は、

何が原因かを再び分析し、本当に必要な知識を習得したり、

スキルを磨いたりすると、キャリアアップにつながります。

 

コミュニケーション能力の高め方

コミュニケーション能力を高めたい時は

相手の立場で物事を考えることが重要です。

 

相手がどう思っているのか、

相手が何を望んでいるのかを考えて行動すれば、

自然と周りの人からの信頼や協力を得られるようになるでしょう。

 

例えば、親分肌や姉御肌の上司には弱みを見せると、

適格なアドバイスをしてもらえる可能性が高いです。

 

また、相手のためにできることを意識しながら行動すると、

味方が増えて働きやすくなります。

 

さらに、仕事のためのコミュニケーションでは

褒めることも大切です。

良いところを褒めれば、相手はさらに頑張ろうと考えて

パフォーマンスが向上するでしょう。

 

また、苦手な人でも良いところを見つけて

褒める癖をつけておけば、

その人に対する苦手意識が減って

誰とでも良好な関係を築きやすくなります。

 

自分の強みを増やす

仕事内容に不満を感じ、キャリアアップを目指しているなら、

自分の強みを増やすことも大切です。

 

中国語を習得したり、

アクセスでデータベースを管理できるようになったりすれば、

仕事の幅が広がって、やりたい仕事に就けるかもしれません。

 

異動の希望を出す

小さい会社では難しいかもしれませんが、

中規模や大規模の会社では異動で環境を変えるのも一つの手段です。

 

異動して自分ができることを増やせば、

キャリアアップできるので、

労働環境や人間関係に悩んでいる人は異動を希望するのも良いでしょう。

 

同業種で好待遇の仕事を探す

給与や仕事内容に満足できず、

現在の会社で自分の思い描く幸せを手に入れられないと

感じているなら、転職も一つの手段です。

 

今まで身に付けた知識やスキルを使える同業種で

好待遇の仕事を探せば、キャリアアップを目指せるでしょう。

 

20代半ばになると、自分に自信が出てきて

会社や仕事に不満を抱いたり、

市場価値を知りたいと考えたりする人は多いです。

 

会社の駒で終わりたくないと感じているなら、

キャリアアップをして、理想の未来に近づきましょう。

 

キャリアアップのために努力すれば、

未来が変わるだけでなく、

成果を上げられて周りの人からの評価が変わり、

仕事に対して向上心が生まれる可能性も高くなりますよ。