女性の出産&キャリアの為の会社を選ぶ4つのポイント

生活

出産の時期に悩んでいる働く女性は多いです。

これまでの仕事のキャリアが、出産をすることで

なくなってしまうのではないかという不安を

感じている人が多いからです。

 

産休や育休でブランクが空くと、

評価が下がってしまうのかと

考える人も多くいます。

 

女性が出産後も働きやすい会社とは、

どのような会社なのか、4つのポイントでご紹介します。

女性の出産とキャリアの板挟みになる理由

近年は結婚後も共働きという夫婦は多くなっています。

出産というのは、人生の中でも非常に重要なことですよね。

 

出産や育児を考えたときに、

仕事を辞めなければいけないのかと悩む女性も少なくありません。

 

苦労して手に入れたキャリアを出産で失いたくない

結婚後も共働きというライフスタイルは、

現在では珍しいものではありません。

女性が役職に就くことも、以前に比べて増えてきました。

 

性別を問わず、キャリアを築けるようになってきています。

責任のある仕事を任されているのであれば、

出産をする時期に悩んだりもします。

 

出産やその後の育児で、仕事にブランクができると

今のキャリアはどうなるのか心配になる人は多いです。

 

産休や育休の取得に会社自体が慣れていない場合は、

手探りで話を進めていかなければいけないこともあります。

 

産休や育休を取ることで、

他の社員から嫌がらせやいじめを受けたり、

上司から退職するように促されるといったことも現実にはあります。

 

出産しないと配偶者やその身内からの干渉がうるさい

結婚後しばらくすると、家族に

子どもはいつ頃なのかと聞かれることもあります。

 

パートナーが親に早く子どもの顔を見せたいと

いうタイプであれば、

家族の計画についてきちんと話し合うことが重要です。

 

早く孫の顔を見せて欲しいと親に言われても、

そう簡単に出産する決意はなかなかできませんよね。

 

仕事から離れることで、

復職するのが難しくなるのではないか

という不安があるからですよね。

 

これまでのキャリアを捨てるか出産を諦めるべきか

20代後半から30代になってくると後輩の教育をしたり、

役職に就いたりすることもあります。

それらのキャリアを捨ててしまうのは、

誰しも抵抗があることです。

 

出産によりブランクが空いて、

給与や評価が下がってしまうとなると

出産を諦めるべきかと悩む人も多いです。

 

同期や後輩よりも昇進や昇給が、

どうしても遅れてしまうということがあるからです。

 

女性が実際に出産するとキャリアはどうなると思う?

出産後に復職したとき、

キャリアは以前と同じままなのでしょうか?

 

子どもがいると、出産前と同じように

仕事に全てを捧げるような働き方は難しくなります。

 

産休・育休後はパートのような扱いになるのでは?

産休と育休を取得する前に、

上司ときちんと相談をしておくことが大切です。

 

出産後も正社員として働きたい意思があることを、

事前に伝えておきましょう。

 

時短勤務が可能であれば、

育休後の仕事復帰の際に使うことも検討しておきましょう。

 

子どもの病気や怪我など急な連絡があったときに、

半休や早退がしたいという場合もありますからね。

制度を調べて上司に相談しておくことで、

復職後に慌てることも少なくなります。

 

実際に産休や育休を取得した女性社員がいる場合は、

待遇が大きく変わってしまったことがあるか

確認しておくことも大切です。

 

子どもがいるといつ何があるか分からず、

責任のある仕事を任せられない

という風に考える人もいます。

 

仕事の引継ぎや情報共有はしっかり行い、

常に責任感を持って

これまでと同じように取り組無必要があります。

 

自分の立場が弱くなってしまうのではないか?

いざ復職したときに、降格されてしまったり

発言権が得られないという事態に陥ることもあります。

 

子どもの育児や教育には多額のお金が掛かるため、

簡単に辞めるということも難しいです。

 

きちんと仕事をしているにも関わらず、

時短勤務というだけで周囲の態度が

冷たくなるということもないこともないです。

 

自分だけで対応するのが難しい場合は、

早めに上司に相談したり

周囲の社員に協力してもらえるようお願いしましょう。

 

ブランクが空いた分、

周囲に仕事が行ってしまい申し訳なく思う人もいます。

 

復職後にきちんと感謝の気持ちを伝えて、

仕事に取り組むことで少しずつ周りに返していきましょう。

 

評価が下がり信頼が揺らいでしまうのではないか?

子どもの体調などによって、

急な早退や遅刻は少なからずあります。

 

勤怠が悪いという風に評価されてしまったら、

これまで築いてきたキャリアが崩れてしまう可能性もあります。

 

復職をした後に降格され

給与が減ってしまうという場合もあり、

同期や後輩に比べて昇進や昇給に

遅れが出ることも珍しくありません。

 

女性が出産してもキャリアを失わずに済む理想的な環境

出産後も安心して復職できる会社であれば、

キャリアを手放すこともなく仕事復帰が目指せます。

 

どんな職場環境であれば、

安心して出産や育児に取り組めるでしょうか。

 

出産をする女性の都合を理解してもらえる職場環境

出産前の時期でも、朝の通勤ラッシュは

妊娠中の女性には大変なストレスがあります。

 

万が一具合が悪くなったときを考えると、

通勤することにも不安を感じる人も多いでしょう。

 

会社がフレックス制であれば、

時間をずらして通勤することで

ラッシュを避けることもできます。

 

体調が悪くなる場合もあるということを、

理解してもらえる職場であれば

出産前も出産後の仕事復帰も安心できます。

 

職場復帰後は育児への配慮がある職場環境

乳幼児期の子どもは、体調が変わりやすく

急に熱が出たりすることもあります。

 

保育園や幼稚園から、具合が悪くなったと

連絡がきたとき迎えに行くことができるような

職場環境だと育児のしやすさも高まります。

 

長時間の残業は育児をしていると難しいので、

勤務時間や業務内容についても

配慮をしてもらえると

育児をしながら仕事を続けていくことも可能です。

 

キャリアを活かした仕事を引き続きさせてくれる

復職後もキャリアを継続して築いていけるような

職場環境であることが、女性にとっては理想的です。

 

後輩の育成やチームをサポートするような業務も、

キャリアを活かしていけますよね。

 

復職後のブランクを埋めるのは大変ですが、

これまで培ってきたキャリアを活かせる業務であれば

仕事復帰の負担も少なくなりますよね。

 

出産・育児を理解した勤務体制の職場環境

同じ社内に産休や育休を取得した人がいたら、

会社でどのようなサポート体制を

整えていけばいいのか配慮をしてもらえるでしょう。

 

有給休暇とは別に、

子どものための休暇を設けている会社もあります。

 

出産や育児は予定通りにいかないこともありますし、

つわりなどの症状も人それぞれです。

 

柔軟に対応をしてくれるような職場環境であれば、

退職せずに仕事を続けていくことも可能です。

 

出産する事に不安を感じさせない職場環境

何よりも出産をすることに不安を感じさせないような、

職場環境が大切です。

 

上司や役職者に育児をしながら働いている女性がいれば、

相談をしてみるのもいいでしょう。

 

育児をしながら働いている女性が既にいる環境の場合、

自分が復職した後のこともイメージがしやすくなります。

 

社内の人間関係のよさというのも、

産休や育休を取得するときの不安を軽くします。

 

同じ部署に所属する社員と、

きちんとコミュニケーションが取れていて

人間関係が円滑であれば安心です。

 

出産してもキャリアを守れる企業選びの4つのポイント

女性が出産後も仕事を続けキャリアを積んでいくというのは、

望んで当然のことです。

 

これまで築いてきたキャリアを活かし、

仕事を充実させていくには

どのようなポイントがあるかご紹介します。

 

女性社員が多い企業である

出産は女性しかできないことなので、

男性が全てをきちんと理解するのはなかなか難しいことです。

 

女性社員が多い企業の場合は、

結婚や出産後のキャリアアップも

企業がサポートする体制が整っている会社が多いです。

 

役職者に女性がいる場合は、

社内制度に出産や育児に関わる

独自の制度を取り入れている企業も多いです。

 

そういった企業では、

男性が育休を取得することにも理解があり、

取得を奨励していることもあるんですよ。

 

出産・育児に理解がある企業である

出産や育児で仕事にブランク期間が生まれることに、

理解がある企業であることが大切です。

 

これまでのキャリアを

なかったことにされてしまっては、

仕事を続けていくことも大変です。

 

子どもに手が掛かるときは

どのような制度を利用して仕事をしていくか、

上司と話し合える時間があるのが大切ですね。

 

困ったことがあればすぐに相談できるような、

企業風土であれば出産や育児に不安を感じることも少ないと思います。

 

キャリアを活かし短時間労働を実施している企業

復職直後は短時間労働を行い、

徐々に終業時間を長くしていくといった

取り組みをしている企業もあります。

 

これまでのキャリアを活かした業務に

復職ができれば、仕事もスムーズに行えますよね。

 

実際に復職後の女性社員がキャリアを活かして

仕事を続けている企業だと、

産休や育休後の復職についてもサポートが整っていますよね。

 

育児中は残業をするのは難しいので、

なるべく残業少なめというような配慮がある会社だと安心ですね。

 

やる気と実力で評価してくれる企業

勤務時間の長さではなく、

取り組んだ業務の内容できちんと評価を

してもらえる企業であれば、復職をした後の

キャリアも着実に築いていくことができます。

 

時短労働や残業ができないということを、

取り組んだ仕事の質でカバーしていけるようにします。

 

これからも仕事を続けていきたいので、

実力を正しく評価してもらうことが

キャリアを伸ばしていくのには大切です。

 

女性にとって出産とキャリアの両立を望むのは当然!

出産とキャリアの両方を手にするのは

難しいと考える方も、

まだ多いかと思います。

 

残業が多く仕事も忙しい、

産休や育休を取れるのかも不安と感じる方は、

今の会社でこれからも働いていけるか

考えると答えが見えてくるはずです。

 

現在は共働きの家庭も多く、

企業もそれに合わせて独自の制度を実施して

出産後も女性が働けるように

サポートをしていくようになってきています。

 

労働力不足と言われる最近では、

どちらかを諦めるのではなく、

どちらも両立できる方法もありますので、

色々なサポートを利用して、

キャリアを伸ばしていくことも十分可能です。