職場で悪口を言う女性が嫌!適切な対処法とは?

仕事

女性同士の悪口に悩んでいる人は少なくありません。

学生時代から他人の悪口で盛り上がる人はいますが、

大人になってからも頻繁に悪口を言う人が多いです。

 

しかし、周りに悪口ばかり言っている人がいると、

気分が滅入ってしまいますよね。

 

女性同士の悪口にはどう対応したらよいのでしょうか。

今回は特に悩んでいる人が多い

職場での女性の悪口の対処法などについてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.職場の女性の悪口に悩む人は多い!

あまり関わりがなかった時や入社してすぐの時は

「親しみやすい人」「フレンドリーな人」などと思っていても

長期間一緒に働いていると、イメージが変わることが多いです。

 

イメージがマイナスに変化する場合、

原因の一つになるのが同僚に対する悪口だと言えます。

 

女性同士が集まる場では、悪口で盛り上がる人達は少なくありませんが、

特に職場の女性の悪口に悩む人は多く、

仕事が嫌になる人も珍しくありません。

 

まずは、職場の女性の悪口の実態を確認してみましょう。

 

■悪口によるトラブルの例

表面上は仲良くしていても、その場から離れると

悪口を言われていることは少なくありません。

 

悪口の内容は仕事に関するものからメイクや服装、

持ち物までさまざまです。

 

悪口を言う人は上司などに取り入るのが上手なので、

自分の正論を振りかざして上司に言いつけ、

悪口を言っている相手を職場から追い出してしまうこともあります。

 

また、ほかの人の悪口を言う人に同調しないことが原因で、

自分が悪口の標的にされることもあります。

 

それまで親しくしていた人から「意見がない人」

「八方美人」などと言われると、傷ついてしまいますよね。

 

■職場で女性が悪口を言うのはなぜ?

昔から「女性は悪口を言う」と言われていますが、

これは女性が他人と比べることで

幸せや優越感を得るためだと考えらえています。

 

男性は自分が幸せだと思えば

他人の評価を気にしない人が多いですが、

女性は他人と比べることで幸せを得る人が多いので、

自分より優位な人に嫉妬してしまうのです。

 

嫉妬を感じると、その人を蹴落としたり、

自分の地位を上げたりするために

無意識に悪口を言ってしまうと考えられています。

 

■悪口を言う女性の特徴

職場などで悪口を言う女性には共通する特徴があります。

 

・仲間を作りたい

集団で自分の味方を作るために、

悪口を言う人は珍しくありません。

 

悪口は一人では言えないものなので、

仲間を作りたい場合は、共通の敵を持つ人を

仲間だと思うことで、自分を安心させようとします。

 

しかし、悪口で集まった仲間は

絆で結ばれているわけではありません。

 

そのため、仲間を集めていた人が

悪口の標的になった場合、

その周りにいた人は離れてしまうことが多いです。

 

・ネガティブ思考

職場などで悪口を言う女性は

極端なネガティブ思考であることが多いです。

 

例えば、SNSなどで話題のコスメを使っていた場合、

ほかの女性が同じものを使うと

「そのコスメが人気」と思わず、

自分のコスメを真似されたと思ってしまいます。

 

真似されたと感じて相手の女性にマイナスイメージを持つと、

ほかのことに対しても文句を言ったり、

あら探しをして悪口を言ったりします。

 

・ライバルを蹴落としたい

勝手にライバル認定した人を蹴落とすために

悪口を言う女性もいます。

 

特に、職場では、ライバル認定した女性が

自分より評価されると、嫉妬から悪口を言う人が多いです。

 

・悪口を言っていると気づいていない

悪口を悪口だと思っていない人もいます。

場の雰囲気を盛り上げるために冗談を言っているつもりでも、

相手が不快な気分になれば、それは悪口です。

 

悪口を言っていると気づいていない場合、

話の内容がどんどん酷くなっていくことも少なくありません。

 

・嫌われるのを恐れている

悪口を言う人は嫌われやすいですが、

本人は嫌われないように悪口を言っている場合もあります。

 

ボスのような立場の人から悪口を振られると、

自分が悪口の標的になったり、

集団で自分の立場が悪くなったりするのを防ぐため、

思っていないことでも同調してしまうのです。

 

 

職場に悪口を言う女性が多いとどうなるの?

職場に悪口を言う女性が多い場合、仕事が嫌になったり、

業務がスムーズに進まなくなったりすることもあります。

 

悪口が多い職場で

そのまま働き続けることのデメリットを確認してみましょう。

 

■ストレスが溜まる

自分の悪口を言われていることに気づいたり、

悪口の標的にならないか不安に思っていたりすると

ストレスが溜まります。

 

また、ほかの女性から悪口を振られると

「どうやって答えるべきなの?」などと

悩んでしまうこともあるでしょう。

 

ストレスを放置していると、

仕事内容に不満がなくても

職場に行くのが嫌になります。


また、ストレスが原因で

頭痛や腹痛などの症状が出たり、

うつ病になったりする可能性も否定できません。

 

■性格が良い人が辞めていく

性格が良い人は悪口を言う女性が集まる職場で

仕事をするのを辛いと感じます。

 

また、悪口に同調しなければ、

自分が標的にされることもあるため、

職場に馴染みにくいです。

 

職場に馴染めなければ、退職を考える人が多いので、

悪口を言う人が多い会社では、

性格が良い人ばかりが辞めていくということもあります。

 

■職場の雰囲気が悪くなる

他人の悪口を言うことにはエネルギーが必要です。

働いている人が悪口のためにエネルギーを費やしていると、

職場の雰囲気がどんどんと悪くなっていくでしょう。

 

■チームが機能しない

悪口を言う人がいると、職場の人間関係が悪くなります。

悪口のせいでチームが機能しなくなると、

業務がスムーズに進まなくなったり、

成績が落ちたりすることもあります。

 

チーム同士で協力できる体制が整っていなければ、

自分のやりたい仕事をできない可能性も高くなりますね。

 

職場に悪口を言う女性がいる時にすべきことは?

職場に悪口を言う女性がいても、

「指摘すると自分が標的になりそう」

「どうすることもできない」などと悩んでいる人が多いです。

 

しかし、悪口を言う人をそのままにしておくと、

ストレスが溜まったり、職場環境が悪くなったりします。

 

では、悪口を言う人の存在に悩んでいる時は

どうするべきなのでしょうか。

 

■真に受けない

女性が悪口を言う場合、嫉妬が原因であることが多いです。

 

そのため、自分が悪口を言われていることに気づいた場合も

周りの人の悪口を聞いた場合も真に受けないようにしましょう。

 

噂話などは事実でないことも多いので、

流すように聞いてストレスを溜めないことが大切です。

 

■参加しない

悪口に参加すると、「〇〇さんも同じことを言っていた」などと

言われてしまいます。

 

そのため、悪口にはできるだけ参加しないことを意識しましょう。

 

■同じ土俵に立たない

悪口を言う人が嫌でも、その人の悪口を言うのはやめましょう。

 

悪口を言ってしまうと、ほかの人から同じような人と

判断されてしまいます。

 

また、自分が言う悪口が原因で、

職場の雰囲気を悪くしてしまうこともあります。

 

■悪口に悩む時にしてはいけないこと

悪口ばかり言う女性に悩んでいる場合も

次のことを行うと、逆効果になる可能性があります。

 

・子供だと思って接する

悪口を言う人は他人に嫉妬したり、

勝手にライバル意識を持ったりしているため、

幼稚だと考えられます。

 

しかし、子供だと思って接すると、

それが相手に伝わってしまい「自分のことを馬鹿にしている」などと

思われてしまいます。

 

馬鹿にしていると思われれば、

さらに悪口が酷くなるので、

子供と思って接するのは避けましょう。

 

・上司に相談する

悪口を言う人は評価を気にするので、

上司との関係が良好であることが多いです。

 

そのため、悪口を言われるのが嫌で上司に相談すると

「あなたにも悪いことがあるのでは?」と言われたり、

悪口を言う相手に告げ口されたりすることがあります。

 

上司が悪口を言う人の味方に付くと、

職場にいるのが辛くなるので、

相談したい時は第三者や友達などにしたほうがいいですね。

 

 

職場の女性の悪口への具体的な対処法4選

職場で悪口を言う女性への具体的な対処法も確認しておきましょう。

 

1.距離を取る

悪口に参加しないためにも、

悪口を言う人が集まっている集団とはできるだけ距離を取りましょう。

 

女子会や飲み会でも悪口で

盛り上がっている可能性が高いので、

誘われた場合は「習い事がある」「勉強したい」などと言って

上手く逃げるのがポイントです。

 

なお、悪口を言う集団から距離を取ろうとした場合、

自分が悪口の標的になってしまうこともあります。

 

誘いを断っていれば「付き合いが悪い」などと

言われてしまうこともあるでしょう。

 

しかし、「自分は正しい」などと堂々としていれば、

少しずつ悪口は収まります。

 

堂々と生きている人には悪口を

言えなくなる人も多いので、クヨクヨしないことが大切です。

 

2.黙々と仕事をする

ミスを粗探しして悪口を言われたり、

明らかに不平等に仕事を任せられて

「仕事が遅い」などと言われたりする時は

黙々と仕事をして黙らせましょう。

 

悪口を気にせず、黙々と仕事をしていれば、

「反応がなくてつまらない」などと思われて

悪口が減っていきます。

 

また、仕事で成績を残せると、出世できる可能性もあります。

 

出世してトップダウン方式で職場環境を変えれば、

悪口のない理想的な職場環境を整えられるかもしれません。

 

3.相手を褒める

嫉妬や「ライバルに負けそう」という不安から

悪口を言っている人がいる場合は、

相手を褒めるのも一つの手段です。

 

仕事内容や相手のプライベートなどを褒めると、

「自分が優位に立っている」などと思われて悪口が収まります。

 

ただし、悪口を言う人をむやみに褒めることはやめましょう。

悪口を言う人が「自分は正論しか言わない」と

思い込んでしまうと、悪口が酷くなっていきます。

 

4.転職を考えてみよう

どうしても職場の悪口に耐えられない場合は、

転職も視野に入れてみましょう。

 

新しい職場では悪口や人間関係を気にせず、

自分のしたい仕事に打ち込めるかもしれません。

 

しかし、転職をする際は

「どこの職場でも悪口を言う女性がいる可能性はある」と

覚えておく必要があります。

 

転職先でまた、悪口を言う女性がいた場合は、

さらに仕事が嫌になったり、

再び転職したくなったりする人も少なくありません。

 

転職は繰り返していると条件が悪くなったりしますので、

自分のキャリアプランを実現できないこともあります。

 

キャリアプランの実現のために転職する上で、

欠かせないのが転職エージェントです。

自分のやりたいこと、将来のことを見据えて

転職エージェントを選びましょう。

 

転職が初めての方や、

20代での転職活動をするなら

マイナビジョブ20'sをオススメします。

 

就活でマイナビを利用した方も多いと思いますので、

「マイナビ」という名前には親しみがあると思います。

 

マイナビジョブ20'sなら、

20代から30代をターゲットとした求人が多い、

若年層向きの転職エージェントです。

 

第二新卒の求人が比較的多く、

履歴書・職務経歴書添削などのサポートが無料で受けられます。

 

若いアドバイザーが多く、連絡がこまやかなので、

初めての転職で不安な方には心強いと思います。

 

悪口を言われて、今の職場で悩んでいるのなら

転職エージェントに相談してみたら

あたらしい自分の可能性を見いだせるかもしれませんよ。