仕事で疎外感を感じたらどう対応したらいい?!

仕事

職場で、なんとなく自分はみんなに馴染んでいない、

疎外感を感じる、仲良くしたいけど輪に入れない、

そんなふうに感じている人は意外と多いのではないでしょうか。

 

学校などいざしらず、職場ではどうしても

仕事上のつながりがあるので、合わなければ付き合わなければいい、

そんなわけにはいかないのが現実です。

 

なんとか上手にお付き合いしていく必要があるのですが、

性格的にどうしても難しいとか、あるいはもっと重度の方は、

その理由がわからないという方も少なくありません。

 

今回は、そのような職場での人間関係や

コミュニケーションに支障を感じている方に向けて、

それぞれの方の特徴やパターン、

そしてその対処法についてお話します。

 

仕事の職場で疎外感を感じやすい人は、内向的で人と話すのが苦手な人

職場で疎外感を最も感じやすいのは、

個人的なパーソナリティーの問題であることが多いです。

 

このような方の特徴としては、内気で口下手、

社交性があまりなく、人付き合いが苦手なタイプです。

 

社会性に欠けているというよりは、

自分自身がそういった大勢の輪に入ることに

プレッシャーを感じたり、人と話をすることが苦手なので、

過度に気を遣ってしまうというパターンです。

 

このような場合、その人自身の性格がまわりに嫌われているとか、

態度に問題があるというよりは、

自分自身がセンシティブすぎるとか、

人の輪に入ることに慣れていないというような問題ですので、

問題は自分のうちにあるといってもいいでしょう。

 

周りから嫌われているとか、

浮いているというよりは、

自分がそう感じているほど、

浮いてはいないことが多いです。

 

おそらくこういった方は、自分が嫌われているとか、

退屈な人間だと思われるのを恐れて、

輪に入っていけないタイプです。

 

周りからは、おとなしい人とか

控えめな人と摂られているので、

それほど嫌われてはいないので安心してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージトレーニングで人付き合いが特になる

このような方が職場の輪に入っていくには、

イメージトレーニングが有効です。

 

こういった方は、学生時代や子供のころから

人付き合いが苦手であったでしょうから、

できるだけ自分のポジティブなイメージを持つようにしましょう。

 

みんなと仲良く話をしている姿を

朝出かける前にイメージするようにして、

できるだけ積極的に話をするようにしましょう。

 

特に嫌われているといわけではないので、

乗り越えるべきは

自分のうちにあるコンプレックスや心の壁です。

 

例えば、コーチングやカウンセリングなどで

人と話すことを訓練したりするのも一つです。

 

こうして普段から人と上手く話すことを

トレーニングすることで、

職場での人間関係も円滑になります。

 

職場の人間関係の良し悪しは、

仕事が上手くいくかどうかと

いうことに繋がっていますので、

まさに両方の目的で良い効果をもたらします。

 

仕事以外での交流も大切

仕事中にどうしても疎外感を感じてしまうのは、

もしかしたらあなたが周りの人に

知らず知らずに壁を作っていたり、

仕事上の付き合いだけと割り切っているようなところが

あるのではないでしょうか。

 

あまりプライベートと仕事の仲間を

同一視したくないというのが正直なところかもしれませんが、

もし仕事中の人間関係をうまくいかせたいなら、

むしろ仕事以外のことで

人間関係を築くのも一つの対処法です。

 

例えば、飲み会や休日の仕事仲間との交流の場に

参加したりするのはいかがでしょうか。

 

あまり人付き合いがすきでなく、

休日にわざわざ職場の人と顔をあわせたくないと

嫌厭していたかもしれませんが、

こういったお付き合いが

仕事中の人間関係にも影響します。

 

プライベートでお付き合いをするようになると、

仕事中の関係も良好になることが多いです。

 

これまではいれなかった話題なども、

共通の話題ができて溶け込みやすくなりますよ。

 

仕事の職場で疎外感を感じやすい人は、自己中やKYなどではありませんか?

もしかすると、あなたの性格やパーソナリティーが

周りをイライラさせたり、

距離を置かせていたのかもしれません。

 

これまでの友人関係で、自己中とかKYなどを指摘されたり、

指摘されないまでもなんだか周りから

いつも距離を置かれてしまうと感じたことはないでしょうか?

 

こういった方は、もしかするとやや自己中、

KYなどの傾向があるのかもしれません。

 

プライベートでも友人が少ないとか、

いつもグループに入れてもらえないという方は、

残念ながらこういったタイプかもしれません。

 

こういったタイプの方は、学生時代から

人との付き合いでいつも苦労していたり、

つい周りの空気を読まない言動をしてしまって、

人に嫌厭されてしまうことがあったのかもしれません。

 

学生時代などであれば、

いじめや仲間外れなどの経験があるかもしれません。

 

ですが、こういうという特徴や性質は、

仕事上ではとてもデメリットになるので、

できるだけ社会人としては修正したい特徴です。

 

自己中やKY傾向があれば、まわりの空気を読む努力をしてみよう

これまで、自己中、KYなどと言われたことがある方は、

最低でも仕事で支障がでないように、

このような特徴が職場の仲間や仕事中は

でないように気をつけましょう。

 

自己中の方は、仕事では自分のやり方を押し付けたり、

人の意見を聞かない、チームやグループでの業務は

まわりとの足並みを揃えずに、自分のペースを貫く、

意見や考え方が突拍子もなかったり、

周りとの調和を大切にしないなどの逸脱行為が目立ちます。

 

KYの方は、会議や打ち合わせ中に

話の腰を折るようなことをいったり、

タイミングの悪い行動をしたりして、

まわりをイライラさせたり、反感をもたれたりします。

 

こういった方は、こういう自分の特性をよく把握して、

仕事中は仕事の顔ですごすようにしましょう。

 

仕事の職場で疎外感を感じやすい人は、

まわりの環境がよくないのかもしれません

 

もしかすると、問題はあなたではなく、

周りの環境にあるのかもしれません。

 

理解不足の上司、折り合いが合わない職場の仲間、

一人仕事が多い職場など、

特にあなたに問題がないということもあります。

 

こういった場合は、あなた自身が変わるというよりは、

周りの環境を変えるとか、

変わるような働きかけをすることがあります。

 

もし合わない上司や職場の仲間がいる場合

もし性格や仕事のやり方が合わない上司がいる場合は、

大きなアクションとしては、上長や人事などの人に相談して、

部署やチームを変えてもらうというのも一つです。

 

周りの態度を変えるのがむずかしければ、

思い切って他部署へ移るとか、

グループやチームをかわるしかありません。

 

あるいは、タイミングが良ければ、

配置転換や異動などの希望を出すのも一つです。

 

もしかすると理由などを問われるかもしれないので、

きちんとした理由が必要になるかもしれません。

 

コミュニケーションをよくとるようにする

このように合わない上司や同僚がいる場合は、

良く話し合いをもつことも大切です。

 

もしかすると、合わないと思い込んで自分から敬遠していたり、

かべを作っているだけかもしれませんので、

まずは良く話し合いをもつことが大切です。

 

例えば、上長との面談でそのことを申し出て、

どういう理由で合わないとか、

どういう改善策があるかを提案し、

グループのミーティングなどの機会を

これまでより頻繁に設けてもらうのはどうでしょうか。

 

なによりも大切なのは

コミュニケーションをよくとるということですので、

まずはじっくり話し合いの機会を持つことが大切です。

 

もしパワハラや嫌がらせがある場合

職場の仲間や上司から、

嫌がらせやパワハラのようなことを受けている場合は、

より大きなアクションが必要になります。

 

疎外感を感じるというよりは、

仲間外れやいじめに近いようなことがある場合と

考えてください。

 

このような場合は、疎外感を感じるという

心理的なことだけではなく、

実際的な被害があるので、

きちんとした報告や対処がひつようになります。

 

一つは、職場の適当な部署などへの相談や報告です。

例えば、大きな会社であれば

メンタル相談室などがあるかもしれません。

 

こういった部署では匿名で職場での困り事を相談できるので、

利用するのがよいでしょう。

 

例えば、いじめやパワハラでストレスを感じて、

仕事にいくのが嫌だとか、

うつなどの心の病の兆候があるなどがあれば、

ますます相談が必要になります。

 

今はまだ疎外感だけかもしれませんが、

悪ければ退職や休職に繋がることも有るので、

看過しないておきましょう。

 

もう一つは人事部などへの相談です。

職場で嫌がらせを受けたので、

部署を変更してほしいなどのようなことが

相談できるかもしれません。

 

この場合、上長にも言わなければならないので、

ことが大きくなる可能性もあります。

 

二つ目は、第3者機関に相談するということです。

 

労働組合や労基署などがそれにあたりますが、

あきらかな嫌がらせいじめがあった場合には

こういった解決を導く機関にも相談できます。

 

ただし、こういったところに相談するよりは、

やはり自己解決のほうが最終的なことが

丸く収まるので最後の手段となるでしょう。

 

まずは良好な人間関係を作る努力が大切

どのような場合だったとしても、

どのような疎外感の程度の大きさだったとしても、

一番良い解決策は、

まずは当事者間で話し合いをもつということです。

 

ことを大掛かりにするまえに、

仲間内で簡単な話し合いを持つだけで、

誤解がとけたり、これまでより

コミュニケーションが上手くいくということがほとんどです。

 

ですので、あまり深刻になったり、

大きなリアクションをする前に、腹を割って話合うとか、

自分が気持ちをオープンにする、

それだけで実は容易に解決することがほとんどです。

 

なんだか仲間に入り込めないという程度であれば、

お昼休みに楽しく話をしはじめたら、

仕事中もよくコミュニケーションがとれるようになった、

そんな簡単なことである場合もとても多いですよ。